CDACとはAbout

CDACの理念と活動内容

CDAC(Clinical Dental Anesthesiologist Club)は、東京歯科大学歯科麻酔学講座出身の歯科麻酔科医を中心に数大学から構成された、日本トップレベルの技術を持つ歯科麻酔科医のスタディグループです。

日本歯科麻酔学会認定医・専門医のうち24名が所属する日本初の歯科麻酔科医専門のグループで、静脈内鎮静法をはじめ歯科麻酔に関する正しい知識と技術を医療現場に普及させることを目的に、以下の4つを活動の柱としております。

私たちの活動は大きく4つの柱があります

私たちの活動は
大きく4つの柱があります

快適で安全な歯科医療を通じた地域医療への貢献

臨床に優れた歯科麻酔科医の
専門グループ形成

臨床歯科麻酔学に関する
学会・講演会活動

静脈内鎮静法を皆様の歯科医院で活用できる医療連携サポート

より高度な歯科医療のために、歯科麻酔科医とのチームアプローチを

CDACの最優先事項は地域のクリニックと歯科麻酔科医の架け橋となることです。インプラントの普及と複雑化に伴って静脈内鎮静法の認知度は高まり、歯科麻酔科医に対する出張麻酔の需要も確実に増えつつあります。しかしながら、歯科麻酔科医に依頼する手段は未だに確立されていないのが現状です。歯科医師の皆様にとって静脈内鎮静法がもっと身近なものとなるよう、必要な時にすぐに依頼できる環境を整えてまいります。そしてそれが医療連携サポートを活用したチーム医療の実現につながります。

CDACに登録している歯科麻酔科医は皆、当理事全員が認めた臨床経験の豊富なメンバーです。歯科麻酔科医と歯科医師の皆様とのチームアプローチが高度な歯科治療を可能にし、地域医療のみならず、歯科医療全体の発展にも繋がっていくと確信しております。

トップクラスの臨床歯科麻酔科医集団であり続けるために

静脈内鎮静法という治療に対して、歯科医師の皆様や患者様が心から安心感を持てるよう、歯科麻酔科医が常に知識の習得と技術の研鑽を行うことが重要です。CDACは大学歯科麻酔学講座との合同講演や勉強会を定期的に開催し、正しい歯科麻酔学の知識を発信しています。学閥に関係なく優秀な歯科麻酔科医が集結するのは非常に珍しく、貴重なことです。同じ分野の仲間と切磋琢磨することで成長し続けられるだけでなく、若手歯科麻酔科医は学会や講演会にてプレゼンテーション能力も養うこともできます。

2017年6月にCDACの運営をスタートさせたばかりではありますが、大学に代わる学びの場としての側面を持ち、メンバーが集まることを一つのモチベーションに感じられるようなグループを目指して参ります。

ロゴマークに込めた想い

東京歯科大学のテーマカラーである赤・白・青の3色のうち赤と青で動静脈を表現し、ハート型にアレンジして、CDACのロゴマークといたしました。このハートは単純に「心臓」を意味しているだけでなく、「心」という意味合いも含んでいます。

静脈内鎮静法による歯科医療への貢献・次世代への教育とノウハウの継承・歯科医師と歯科麻酔科医とのパートナーシップの締結など、CDACの活動の一つ一つにはメンバーの様々な想いが込められています。活動を通して出会う人達との心の繋がりを大切にし、真心を込めたサービスの提供に努めていく次第です。

医療連携サービス 詳しくはこちら
  • ストローマン・ジャパン株式会社
  • ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社
  • デンツプライシロナ
  • 株式会社モリタ
  • 株式会社ジーシー